Amazon, 独自配送テスト中
» » » Amazon, 独自配送テスト中

Amazon, 独自配送テスト中

posted in: Amazon | 0

Amazonは“Seller Flex”と呼ばれるサードパーティ業者向けの配送サービスをプラットフォーム上で提供するテストを行っている、とBloombergが報じた。

プロジェクトは2年前にインドで始まったが、アメリカでは、西海岸から始まり、現在もパイロットテストされ、2018年に拡大する計画だ。

このサービスは、Amazonがプラットフォームを介して購入するカスタマーに対して、商品の集荷から配送までを含む。実際にAmazonがUPSやFedExを使わないということではないが、業者の手を離れて、決定権はAmazonへ委ねられる。

Bloombergの報じるように、これはAmazonがロジスティクスにさらに一歩踏み込んできた動きでもある。これまで商品在庫の管理においてAmazonにとって不透明な部分が存在した。Amazonは販売業者が管理する在庫にについては十分な情報が得られなかった。しかしSeller Flexではさらに立ち入ってサプライチェーン全体を管理することになる。これにより消費者にとってPrime配送が一層速くなるだろう。Amazonは配送時間を最小にするために、マクロな観点から誰が何をどこへ配送するのかを最適化できるようになる。

Amazonの決定権により、Primeに参加するメンバーの拡大を図ると同時にロジスティクスをAmazonに集中させ効率化させる。またサードパーティー業者を増やすことで、フルフィルメント・センターに入ってくる商品も増加し、処理能力が食われる心配をしなくてすむようになることも目指しているのだろう。Seller Flexでは実際の配送業者としてUPSやFedExをシステムから排除するわけではない。しかし長期的にみてAmazonの影響力を拡大させることになるはずだ。