Amazon, eコマースシェア44%を占める!
» » » Amazon, eコマースシェア44%を占める!

Amazon, eコマースシェア44%を占める!

posted in: Amazon | 0

Amazonにとって、2017年が素晴らしい年であったことに間違いはないが、最近のレポートによれば、それが単なるオンライン現象ではなく、一般的な米国の小売業にとって不可欠となっていることを示している。

電子商取引分析プロバイダーである One Click Retailの2017年の報告によると、Amazonは米国の小売業全体の44%を占めたと推定している。

One Click RetailのCEO Spencer Millerberg氏は、次のように述べている。

「2017年に見られたあらゆる主要な傾向は、Amazonのコア人口(ミレニアム世代)が成長した北いう事実によって説明される。彼らは家を持ち、子供を育てそれに付随するものを購入している。

また、これは疑問を提起する。これによりAmazonの長期的な変化と風潮を作り出すだろうか? 300くらいあるWhole Foodsの店舗は、ウォルマートの4000を超える店舗との間で、実店舗競争することができるだろうか?

このレポートには、Amazonのどの業種が最大の成長を見せたかの情報も含まれいる。

これらは大きな疑問を多く生み出すが、最大の関心は、米国の小売業者のシェアをAmazonを獲得できるかどうかである。ミレニアム世代の購買力がますます高まっていることは否定できない事実であるが、Amazonが大きくなり過ぎるという反発のリスクもある。プライムメンバーシップ成長が減速してきており、飽和に近い可能性が大きいという情報もある。