Amazon, インドでの食品シェア獲得へ
» » » Amazon, インドでの食品シェア獲得へ

Amazon, インドでの食品シェア獲得へ

posted in: Amazon | 0

Amazonは、英国のスーパーマーケットと食料品市場の2%のシェアを獲得したいと言ってきた。そしてインドからのニュースによれば、Amazonはこちらでも同じようだ。

インドは10億人以上の人口を持つ大国だ。オンラインで相当数の店舗が展開しており、すでにeコマースが主要分野になっている。SnapdealはFlipkartからの買収提案を拒否している。

Narendra Modi首相が率いる比較的新しい政府は、外国投資規則を緩和している。これにより、海外からの小売業者は、商品がローカルで生産され、インドで食料品を直接販売することが容易になる。

Amazon IndiaのSaurabh Srivastava氏は、食料雑貨の分野は「Amazonにとって、非常に戦略的なビジネです。インド政府が食料への外国直接投資の機会を検討し、開放したという事実に非常に私達は興奮しておりmす。 2013年にAmazon Indiaを開始する前から、この食料品取り扱いのシフトは明確でした。私は2012年にシアトルからインドに移り、当初から食料品ビジネスを計画していました。」と述べています。

インドは、Amazon などが戦う上で重要な領域となっているようである。巨大な国であり、大きな可能性を秘めています。中国と米国に次ぐ世界第3位の食料品市場でもある。

今後の動向が気にあるところである。