Amazon, 調剤販売事業に参入!
» » » Amazon, 調剤販売事業に参入!

Amazon, 調剤販売事業に参入!

posted in: Amazon | 0

Leerink Partnersのアナリスト2人によれば、Amazon.comは2019年までに処方薬販売事業に確実に参入しているだろうと述べている。これは、米国のドラッグストアチェーンに直接的な脅威を与えることになる。

Leerink Partnersのアナリスト、David Larsen氏は「今後1~2年以内に発表するはず。」と報告している。

Amazonは、複数の仲介人、長期サプライチェーン、不透明な価格設定の処方薬販売事業にずっと関心があった。 1990年代には、スタートアップのDrugstore.comに投資し、AmazonのCEO Jeff Bezos氏は役員になっていた。 Walgreensは最終的にサイトを購入し、去年、ブランドウェブサイトWalgreens.comに焦点を当てた。

業界の専門家とのLeerinkの呼びかけは、Amazonが中規模の薬局の給付管理者と「積極的に話し合っている」ことを示唆しており、Larsen氏の同僚のAna Gupte氏が書いている。

Amazonの代理人はコメントのリクエストに応えなかった。金曜日、CNBCはAmazonが感謝祭の前にオンラインで処方薬を販売することを決定する可能性があると報告した。ニュースネットワークはその名前を挙げなかった。

オンライン小売業の巨人がこの市場に参入すると、CVS Health Corp.やWalgreens Boots Alliance Inc.などの小売薬局チェーンに「即時の短期的な脅威」が出るだろうとGupte氏は述べている。