Amazon vs Alibaba死闘の行方
» » » Amazon vs Alibaba死闘の行方

Amazon vs Alibaba死闘の行方

posted in: Amazon | 0

現在、世界で繰り広げられている最も重要なeコマースバトルは、Amazon 対Walmartでもなく、Amazon とマルチチャンネルプレーヤー例えば、Warby Parker, Dollar Shave Clubでもない。それは中国のAlibaba とAmazonの間の「冷戦]」だ。この戦いは今後10年以上続くだろうし、ここしばらくは東南アジアで明白である。

インドではFlipkartとSnapdealがAmazonとの競争に直面している。Amazonはインドに30億ドルの投資を計画中で、インドネシアには6億ドルをつぎ込むと噂される。Amazonは西でインド、東でインドネシアを攻略し、真ん中にあるシンガポールも視野に入れ、注意深く場所を選びながら戦いを進めている。

その間、Alibabaも手をこまねいていない。ドイツのロケットインターネット傘下だった東南アジアのEC企業Lazadaを10億ドルで取得し、45億ドルを金庫に保有する子会社のAnt Financialを通じて東南アジアへの投資を拡大する。

米中のeコマースの巨人の激突はどのような結果をもたらすのだろうか。