ブラックフライデーウィークの成果は?
» » » ブラックフライデーウィークの成果は?

ブラックフライデーウィークの成果は?

posted in: EC全般, Other | 0

Walmartの努力が身を結んでいるようだ。

調査会社Senexによると調査では、ブラックフライデーの週のレースでWalmart とAmazonが一位に並んだ。それぞれ9700万人のカスタマーを店舗とオンラインで獲得した。

Targetが3位で5700万人、4位はKohl’sで4000万人、5位はToys“R”Usで3800万人、6位はBest Buyで3500万人だった。

このブラックフライデーの週5日間に1億9000万人が店舗とオンラインでショッピングをしている。売上が最大だったのはブラック・フライデーで1億5100万人、サイバー・マンデーが次で1億4400万人が買物をした。うちブラック・フライデーは1億2600万人、サイバー・マンデーは1億700万人がオンラインで購入している。それに続くのがスモール・ビジネス・サタデー(11月25日)の1億2000万人、サンクスギビングデーが1億500万人、日曜日が8800万人と続く。

しかし、実際に買い物をした率からするとサンクスギビングデーが一番高い。それに続くのがサイバー・マンデーで、店舗の買物客の89%が購入し、オンラインの買物客の85%が購入した。買上商品カテゴリーでは、アパレルが71%、テクノロジーが62%、テクノジー以外の玩具が47%、ホリデーの装飾品が46%だった。回答者の50%以上は、昨年より今年の購入が多かったと答え、少なかったと答えた回答者は16%だった。