FB Messengerの美容アドバイスボット?!
» » » FB Messengerの美容アドバイスボット?!

FB Messengerの美容アドバイスボット?!

posted in: Facebook | 0

Facebook Messenger やKikといったアプリのおかげで、チャットボットがまずますファッションや美容にされている。では、何を購入すべきかといった会話だけでなく、あなたに似合う商品を示すことについてはどうだろうか?

顔認識技術を活用した試着アプリを提供するAR(拡張現実)企業、ModifaceはFacebook Messenger向けの対話型美容アドバイザーを発表した。

ARボットは2万点の化粧品の知識を持っており、希望の色やブランド名を伝えるとお薦めのアイテムを提案する。現段階では口紅に特化しており、チャット中に自撮り写真をアップロードすると、ユーザーがその口紅を試し塗りした画像を表示する。

創業者でCEOのParham Aarabi氏は「Facebook Messengerでの初の美容アドバイザーを提供できることを嬉しく思っている。美容に関するアドバイスが欲しいと思っている顧客にとって対話型インターフェースは最適であり、今後もチャットボットを用いたサービスを広げたいと考ている。」と語った。

物販も含まれる。気に入った口紅をクリックし、購入を行なうことも可能だ。アプリを離れることなく様々な商品業者からチェックアウトできる。

化粧品のオンラインショッピングは、試し塗りが出来ないという難点を抱えてきた。膨大な種類の口紅の中から似合う色を選ぶのは至難の業だが、多くの人々は試さないで購入している。リアル店舗でもドラッグストアなどで売られる低価格帯の商品はテスターがなく、試せないことも多い。

これまで化粧品の販売を支えてきたのは現場の美容アドバイザーだったが、「バーチャルで試せる機能を搭載したボットは、同様の役割を果たせる。」と Aarabi氏は言う。

カナダのトロントに本社を置くModifaceの技術は、これまでロレアルやユニリーバ等の企業の150以上のカスタムARアプリで導入されている。

ボットの人工知能(AI)が顧客と会話し、ホテルの予約や食事の出前の注文、企業の製品サポート等に活用する動きが広がっている。