LimeBike, 自転車シェアリング展開
» » » LimeBike, 自転車シェアリング展開

LimeBike, 自転車シェアリング展開

posted in: Sharing Economy | 0

自転車シェアリングはアジアとヨーロッパでは人気だが、アメリカは車との結びついていることで有名だ。そこで、自転車への移行を簡単にするべく、LimeBike はドックレスの自転車シェアリングサービスをローンチした。利用者は使用後に自転車を特定のドックに返却する必要がない。

同社が設立されたのはノースカロライナ州グリーンズボロで、ノースカロライナ大学がある。これまでにカリフォルニア州インペリアルビーチ、南サンフランシスコ、ダラス、シアトル、フロリダ州キービスケーン、カリフォルニア州サウスレイクタホ、インディアナ州サウスベンドに進出している。今年末までに30~40マーケットへの進出を目指している。

「我々は毎週1つマーケットを開くことを目指しており、今年の自転車数の目標は7万台~10万台です。各都市ごとに4,000台~5,000台の自転車を配置することを考えています。」と Sun 氏は述べた。

同社は都市部のサステナビリティの名のものに、都市交通をよりクリーンに、より効率的かつ経済的にすることを目指すスタートアップの1社である。

LimeBike は後輪に電子ロックを取り付け、最初にロックを解除しないと乗れない。 LimeBike のアプリを使うことで、一番近くにある自転車の場所を見つける。自転車には GPS と3G 回線と QR コードが付いている。スマートフォンのカメラを自転車のロックに向けるとアプリはユーザに適切な権限があるか認証する。認証が終われば自転車のロックが解除され、1時間単位で課金する。自転車を乗り終わったら、最終的な数字が見れるようになり、自転車は自動的にロックがかかる。

カリフォルニア州サンマテオを本拠とする LimeBike はこの1年間これに取り組んできた。Toby Sun 氏と Brad Bao 氏が正式に会社を設立したのは1月のことだ。彼らは30分ごとに1ドル課金するモデルに落ち着いた。また、容易に見つけられるよう、自転車をライム色にした。