音声操作デバイスのビジネス活用
» » » 音声操作デバイスのビジネス活用

音声操作デバイスのビジネス活用

posted in: Amazon | 0

ビジネス会議にAmazon Echo(あるいは何か音声操作デバイス)を持っていくことを想像してみよう。今月の南東部地区での売上の数字について質問が上がったとする。ノートパソコンを開け、Excelなどのプログラムから数字を出す代わりに、Echoに尋れば、瞬時にデバイスは数字を答えてくれる。

ビジネス・シーンで主流になるにはまだかもしれないが、この種のシナリオは次第に現実化している。

Amazon Echoなどが普及するにつれ、人々はコンピューターを音声で操作することに慣れ始めている。こういった現象が消費者の領域に入ると、後は時間の問題で、ビジネスでも普通のことになる。

AIセールス・ツールのTactのCEO、Chuck Ganapathi氏によれば、デバイスが進歩し、音声を利用することが理にかなっている。「スマートフォンにマウスはない。スマホでキーボードで入力したくない。スマートウォッチも同じ。Alexaにはスクリーンもない。デバイスとのコミュンケーションはこれまでに比べてはるかに直感的になる。」とGanapath氏は述べている。

先月末のAWS re:Inventカンファレンスのキーノートで、Amazonの最高技術責任者、Werner Vogels氏は「これまでテクノロジー上の制約のせいでコンピューターとの関わりはひどく不便なものになっていた。Googleで何かを検索しようとすればキーワードをタイプ入力するしかなかった、それしか方法がなかったからだ。」とVogels氏はいっている。