» » » トランプ大統領ドローン規制緩和

トランプ大統領ドローン規制緩和

posted in: EC全般 | 0

米大統領Donald Trumpは、ドローンの商用利用への規制を緩和した。これにより、AmazonやProject Wingを運営するGoogleの親会社Alphabetのようなテクノロジ企業は無人航空機のテスト規模を拡大できる可能性が出てきた。

Trump大統領は、州政府および地方自治体に対して、FAA(米連邦航空局)のテストプログラム承認を得るにあたり、迅速なテスト実施と利用拡大を目指すよう促している。これにより、米国で現在制限されている、人の頭上での飛行や夜間飛行、長距離飛行、荷物を搭載した飛行にもテストプログラムが拡大される可能性がある。

AmazonやAlphabetなどの企業は、 カスタマーへの荷物配送の迅速化と低料金化を目指して、ドローンを使用した配達技術を開発中だ。しかし企業は、こうした技術の一般利用が可能になるまでに、その安全性と有効性に関する厳しい審査を乗り越える必要がある。

ドローン業界は急速な成長をしている。 FAAは、商業用ドローンの数が2016年末の42,000台から2021年には約442,000台に増加すると予想している。